CRCって大変な仕事?

CRCとは治験コーディネーターの事です。

 

治験コーディネーターは治験業務の円滑な進行を支える縁の下の力持ち的存在です。たとえば新しい薬を世に送り出すためには、その薬の効果や副作用などたくさんのデータを収集し、安全性と効果を実証しなければなりません。

 

その時に行われる治験業務には、治験対象の薬を処方する医師と、治験を依頼する製薬会社、被治験者が存在します。治験コーディネーターであるCRCはその間の調整役を担っているわけです。

 

治験コーディネーターには時に専門的な知識が必要とされるため、看護師からの転職者も数多く存在します。CRCは被治験者の相談役としての地位もあり、被治験者に対してケアやサポートも行っていきます。

 

治験の依頼者と、それを実施する医療機関、医師や被治験者との橋渡しをしていくので、人と人とのかかわりが深い仕事だともいう事ができるでしょう。

 

人とコミュニケーションをとることが得意な人であっても、病気などを抱えた人と関わっていくため、その業務は楽なものではありません。ただし、新しい薬が世に出て多くの人の役に立っていく様子を目の当たりにすれば、医療従事者としてのやりがいはひとしおだと言えるでしょう。