准看護師の給料は看護師と大差あるって本当?

国家資格である看護師に対し、都道府県資格である准看護師は、どうしても給料に差がついてしまうようです。

 

看護師の平均的な年収は、470万円台、平均月収は33万円であるのに対し、准看護師の平均的な年収は400万円台、平均月収は28万円となっています(平成24年調べ)。大差があるとまではいうことができませんが、確かに、看護師と准看護師の間では、お給料に差があることが分かりますよね。

 

しかし実質的な仕事内容としては、看護師も准看護師もさほど変わることはなく、それゆえに、その待遇に不満を抱いている准看護師は少なくないと言われています。

 

一般的な職種を考えれば、准看護師の給料は決して安くないどころか、むしろ高いと考えられるのですが、ほとんど同じ仕事をしている看護師が、その資格の違いだけで良い給料を受取っていることは、やはりあまり面白くないようです。

 

心身ともに厳しいとされる看護師の仕事ですが、それは准看護師についても同じで、准看護師の間でも、少しでも良い労働条件の職場に移りたい、転職したい、看護の仕事をやめたい、と考えている人は年々増えているようです。